知られたくないようで知られたい秘密基地

とある大学生の赤裸々日記 光と闇を添えて

鳥かご

世間は狭いなって思う。今の自分は鳥かごにいて飛べない鳥みたいだ。

行きたいところはたくさんある。好奇心だけは負けないくらい持ってるんだ。

 

子供の頃は不安なんてなかったし、知りもしないでその日その日を一生懸命に生きて来たんだっていまになってわかる。知らないからなんでもできたんだ。

 

鳥かごの中にいる自分と鳥かごの中にいない幼い自分。

鳥かごを覗いた鳥と目があったらなんて言うんだろうか。

もっと色々なことがしたい。遠回ししたっていい。

そんなこと言うくらいなら何も言わずに羽ばたいてやろうとか思った。

 

帰り道でGalileo Galilei「鳥と鳥」を聴いて思ったこと。

歌詞がすごく良くてたくさん使ってしまう。