読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知られたくないようで知られたい秘密基地

とある大学生の赤裸々日記 光と闇を添えて

ハローグッバイ

こんな時間にすいません でも夜が長すぎたので

君の声聞きたくなったよ 寝ぼけた声で歌ってよ

ほら スズメが鳴いた

こんな どうでもいいこと話してよ

 

Galileo Galileoの「ハローグッバイ」の冒頭部分。

あの人が忘れられないとか、あの人に会いたいけど会えない、みたいな情景が思い浮かんだ。今日はどんなことをするの?体調はいい?とか聞きたくなった

 

「こんにちは」というためのさようならには勇気がいるし、関係が崩れるとか環境が著しく変化するとかそーゆー不安もあるけれど、必要なことかなと思う。

 

これからの自分の大学生活で何があるかわからないけれど、こーゆー人と人との人間関係での別れも出会いも必要なことと思えるようになれたらと思った。

 

今日の空は朝太陽が出てて綺麗だったのに

帰宅時にはこの世の終わりみたいな空だと思った。不思議