知られたくないようで知られたい秘密基地

とある大学生の赤裸々日記 光と闇を添えて

ハロー。

久しぶり。

久々に会いたい。

どんな感情なんだろうか。相手はどんなことを思ってるんだろうか。

 

白い息交じりの歌は暗い曲ばっか。

 

いつ会えるんだろうか。

 

あからめもせで。

会う日まで。

勉強

公務員講座。スカイビル25階で土日は勉強してる。

 

空が近い。遠くまで景色が見える。

自分のしたことなんてちっぽけなことでしかないんだと感じる。

 

たくさんのビルが見える。みんなこんな日は何をしてるんだろう。昼間っからビールとかそんな優雅な生活でもしてんのかなとか思って経済学を勉強してる。

 

勉強は楽しい。自分が他者よりも優れてると実感できる。自己満足のために頑張ろうと思う。

 

んじゃまた。今度更新するのは7月かはたまた6月か。

君が僕に偽るから僕は自分を出さないんだよ。

あえて。

ある人のことをこと考えて、その人に苛立ちや憤りを感じた時こそその2者間には繫ぎ止めるための音楽が存在してるんだと思う。

愛してるとか歌った音楽もあれば聴くだけで楽しくなれる音楽とか、暗いのになぜか明るくなれる音楽とか。

 

今すごい苛立ちや憤りを感じてる。本当に怒ってはないんだけど、呆れてる。くだらねえことばっかしてんじゃねぇよアホがって。

相手の考えを確かめたい。自分から歩み寄って解決したら相手の価値観なんて変動しない。

だから、あえてその人が回想される音楽は聴かない。自分の中の苛立ちや憤りが消えてしまうのが嫌だから。この苛立ちとか憤りの先のあなたの考えを見たい。

 

そんなことを考えながら、自分の好きな音楽、相手の好きな音楽を排斥して、車の走る音とか排気ガスの匂いとか感じながらバイトへ向かう。

一言

それ、長続きしないよ。

 

 

って俺思ってるからどこまで付き合えるか気になる。あなたのこととかなんも考えてない。

俺の好奇心だけの話。

ブログ名

このブログ名にかえた。

自慢話をしたいけど我慢するこの感覚が好きだから。

 

裏の裏は表。みんなは考えが変わってる人を排斥がちだけど、根底にあるのはたいてい3大欲求と自分に都合が合うような考え方しかしてなかったりする。

 

映画とかなんでもそーだけど、終わりって気になるよね。ただ、自分が締めるとなると話は180度変わって難しいものになる。終わらせたくないけど終わりたい。今の自分はそんな感じ。

 

話したいことがあるんだ。

裸の付き合いみたいで違和感しかない。

うまく話せるかわからないし、自分の弱さ隠して話しきれるかわからないけど。

 

浮気って最低?